ANAはハワイ線で最強のJALに、787とA380でどう挑むのか

現在はハワイと言ったら「JAL」ですが、ANAは機材の大型化で、シェアを現在の1割から3割まで引き上げる予定です。特に導入予定のA380は世界最大級のマンモス機。最大約600席程度と、座席数200席程度の767に比べて約3倍に上ります。当然ビジネス・ファーストクラスシートの導入や機内サービスの充実も図られると思われますので、期待が高まりますね!
●東京からのハワイ路線一覧
・JAL(羽田〜ホノルル1往復、成田〜ホノルル3往復)
主力機材:ボーイング777、767
・ANA(羽田〜ホノルル1往復、成田〜ホノルル2往復)
主力機材:ボーイング767(3月末より羽田線は787に大型化)
・ハワイアン航空(羽田〜ホノルル1往復、2016年7月より成田〜ホノルル1往復就航予定)
主力機材:エアバスA330
・デルタ航空(成田〜ホノルル週11往復)
主力機材:ボーイング767
・ユナイテッド航空(成田〜ホノルル1往復)
主力機材:ボーイング777
・チャイナエアライン(成田〜ホノルル1往復)
主力機材:エアバスA330
・大韓航空(成田〜ホノルル1往復)
主力機材:エアバスA330


ANAはハワイ線で最強のJALにどう挑むのか | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
ANAのホノルル線は現在、羽田空港から1往復、成田空港から2往復の合計3往復、全便ボーイング「767」(202席もしくは214席仕様)で運航している。ANAが新たに投入を予定しているA380の座席数は1機500席程度となる見込みで、ホノルル線の座席量は今の約2.5倍になる。これまで欧米の長距離路線やシンガポール線の一部にしか導入していなかったファーストクラスもA380に設定する。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

archives

selected entries

categories

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM