オーバーブッキングの際の対処方法

ユナイテッド航空のオーバーブッキング事件が大きく騒がれていますね。みなさんはオーバーブッキングはラッキー派?アンラッキー派ですか?

 

この強制的な引き下ろし、は日本ではまず起こりませんが(最近定員オーバー事件があり、登場前に座席が確定しているか、より厳格に確認されるようになっています)、オーバーブッキング自体は頻繁に発生しているようです。ANAの場合「2016年4月から6月のあいだ、当社では958席分のオーバーブッキングがあり、うち793名のお客様が、自主的に振り替えへ応じている」とのこと。


ANA、JAL共にそもそもフレックストラベラー制度があり、オーバーブッキングの際に代替便に振替を同意すると、当日なら7500マイル、翌日なら15000マイルがもらえます。協力金の場合、当日なら1万円が基準ですが、航空会社の事情により協力金が引き上げられるケースもあります。お時間のある方にとっては「ラッキー」ですね!

 

私もこれまでフレックストラベラーに1度応じたことがあり、また欠航に伴なう便数の減少により、オーバーブッキング状態になり乗れなかったことが1度あります。

 

アンラッキー派の方へ。極力オーバーブッキングに合わないようにするにはどうしたらよいか。ポイントは3つ。まず「座席指定」を極力早く行うことです。できれば購入時に予約が1点目。ただし機材変更等により、指定した席が変更になるケースもあり、なるべく早く空港について搭乗口に向かうことが2点目。そして、なるべく変更されないようにフリークエントフライヤープログラム(上級会員制度)の上級会員になることが3点目です。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

archives

selected entries

categories

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM