ANAでスタアラのマイル事後登録即時積算が可能に!

2016年1月14日より、スター アライアンス加盟航空会社(一部)のマイル事後登録で、お手続き後即時で申請結果の確認が可能になり、マイルの即時積算もできるようになりました!

これまでは、マイル登録申請から積算結果のご連絡まで数日かかっていましたが、今後は申請と同時にマイルが積算されるようになります!

■サービス開始日
2016年1月14日 18:00 <日本時間>
■対象航空会社
アドリア航空、エーゲ航空、中国国際航空、エア インディア、アシアナ航空、アビアンカ航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、シンセン航空、TAPポルトガル航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空による運航便
※順次拡大予定
■即時積算可能期間
ご搭乗後15日以降、6カ月以内の受付
(事後登録の受付はご搭乗後3日後から可能ですが、即時積算はご搭乗後15日以降から可能になります。)
■事後登録に必要な確認書類
eチケットお客様控え(または航空券控え)、搭乗券
■お手続き方法
ANAウェブサイト「国際線事後登録」画面より
スター アライアンス加盟航空会社のマイル事後登録で即時積算が可能になりました│ANA SKY WEB

ANA Suicaカードを更新した場合のSuicaチャージの扱い

ANA Suicaカードを更新した場合、残っているSuicaのチャージ額は、なんと、自動で引き継がれます!これはびっくり。なおPasmoも保全されますが、駅で手続きが必要です。なおEdyなどは、あくまでカード本体に帰属しており、旧カードに残っていれば、その残額を使い切る必要があります。これには要注意。間違って、更新時にすぐハサミを入れてしまわないように。。。

ANAカードを新設・更新した場合のマイレージ番号の取り扱い

ANAカードを新しく作ったり、更新したりした場合、マイレージ番号はどうなると思いますか?
この場合「マイレージ番号は新しく」なります。
マイレージ番号を既存と連携するように申し込んだ場合は、自動的に口座は統合され、マイル数も合算されます。ここは安心してください。

ただし、そのマイレージ番号で予約をしている場合、特にスキップサービスを通常カードで使っている方は要注意です。予約は古いマイレージ番号に紐付いている場合があり、新しいカードかざしても「ご予約がございません」となってしまう可能性があります。

その場合は、カードではなく、携帯やプリントアウトしたバーコードで乗ると安心ですね!iPhoneの方はPassbookを使うと、特に簡単でいいと思います。

ちょっとした豆知識でした。

マスクするの好き?嫌い?

マスクするの好き?嫌い?

みなさんは飛行機でマスクをしますか?しませんか?
私は昔は特に国際線ではマスクを必ずしていましたが、最近のボーイング787になってからしなくなりました。

なぜボーイング787なのか、その理由はボーイング787は「湿度が高いから」
これまでの飛行機は錆びないように空気を乾燥させておく必要がありましたが、ボーイング787はカーボンなどの複合素材でできており、従来よりも湿度を上げても大丈夫になりました。加えて、機内の湿度を保つ装置が搭載されており、これまでよりも乾燥しない、つまり「風邪をひきにくい」飛行機になったのです。海外旅行や、出張によく行く方も、ボーイング787なら安心ですね!加えて最新機のため、飛行機の座席も最新モデルの場合が多く、トイレもウォッシュレットと、いいことずくめ。皆さんも航空会社だけではなく、どの機体か、もよく確かめて乗ると、いいことがあるかもしれませんよ!

参考:
ボーイング787が革新的な理由
http://news.mynavi.jp/articles/2012/01/31/787_2/

インボラ(インボランタリー・アップグレード)について

エコノミークラスのチケットなのに「運良く」ビジネスクラスにアップグレードされたりすることをインボラ(インボランタリー・アップグレード)について、解説します。

別名「オペレーショナル・アップグレード」とも言うように、航空会社の運営都合上、アップグレードされたりする場合があります。私も先日、運良くエコノミークラスの予約でしたが、往復ともビジネスクラスにアップグレードされました。

どのようなケースの場合に、アップグレードされるのでしょうか。

1)エコノミーが満席でビジネスに空きがある場合
航空会社はとにかく「満席」にして飛ばすことが、利益に大きく貢献します。そのため、例えばエコノミークラスが満席でも、ビジネスクラスに空きがあれば、エコノミークラスの乗客をビジネスクラスに移動させて、エコノミークラスをさらに売ったりします。

2)エコノミークラスがオーバーブッキングの場合
航空会社は満席にするのに必死になので、たまに「オーバーブッキング」します。
航空会社は一定の予約しても乗らない客を見込んで座席定数以上に航空券を売っているんですね。ところが乗客が予想以上にちゃんと搭乗した場合に、「オーバーブッキング」が発生します。よく空港の搭乗口の前で見る「次の便に振り替えてくれたらマイルを差し上げます」というような状況になります。オーバーブッキングが予想される時、ビジネスクラスに空きがあったりすると、カウンターでエコノミーに変更してくれたりします。

3)上級会員へのサービス
航空会社は何度も自社の航空便を利用してくれる「上客」の囲い込みを、世界的に進めています。みなさんも「マイレージカード」はお持ちですね?マイルをたくさん貯めている客、特に自社便にたくさん乗ってためた顧客に、特別な「ランク」を与えて様々なサービスをしています。その一環として、上級会員にアップグレードした席を提供している航空会社があるようです。もちろん正規のサービスとして「アップグレードポイント」を使うことで、エコノミーからビジネスに変更することもできますが、そうではないケースもあるという噂がちらほら。

(1)や(2)のケースでは(3)の上級会員を優先して案内する航空会社が多いようです。
が、決してランクだけではありませんよ!私はいつもブロンズどまりですが、アップグレードされたことが複数回あります。皆様も希望は失わずに!

マイルでビジネスクラスに無料で乗る

マイルを貯めたい!と筆者が思ったのは、ビジネスクラスで無料で乗れるからです。

ビジネスクラスにはインボラ(インボランタリー・アップグレード)されて初めて乗りましたが、「あ、これが本来のおもてなしで、普段は人扱いされてなかったんだな。。。」と思ってしまいました。

優先搭乗に始まり、広い座席、専用の枕・ブランケットやロクシタン製のアメニティに始まり、担当CAさんの挨拶、ウェルカムドリンクやカナッペの提供など、乗った瞬間からエコノミーとの違いがそれは大きいこと。。

食事も普段の味が濃いだけの食事ではなく、有名シェフや料亭とコラボレーションした料理が提供され、ドリンクもセレクトされたワインや日本酒が頼めます。そして、お腹が減ったら追加の食事やデザートもオーダー可能。期中から旅の美味しい食事が始まります。

そして何より、フルフラットになる座席。到着した次の日からフルパワーで行動可能です。これは特に仕事の時は本当に大きい違いです。私が乗ったANAのビジネスクラスの様子は下記の動画を見ると雰囲気がつかめるのではないでしょうか。



私が乗ったのは最新鋭の「ボーイング787-9」でしたので「ANA BUSINESS STAGGERED」(ビジネススタッガード)と呼ばれる最新のシートだったことも、より快適だった要因かもしれません。もちろん、一人ずつ通路に出れるようになっていますので、トイレにも気軽に行けます。

マイルを貯めれば、普段は高額な料金でしか乗れないビジネスクラスが、無料で乗れるようになります。その秘密とお得度を、次回以降ご紹介しますね。
 

コツコツマイルを貯めるクレジットカード

一般的にはクレジットカードの利用額に対して「100円で1円程度」で付与されることが多い「ポイント」だが、特定のクレジットカードを作って実際に航空券に交換すれば「1マイル=2〜5円」程度になることがある。つまり、「100円=5円程度還元=還元率5%」という高還元率に達することもある。マイルがたまるクレジットカードを選ぶことがまずはマイルをコツコツ貯める第一歩と言える。

次回以降は、オススメのクレジットカードを紹介していきたい。

<< | 2/2PAGES |